BS朝日「題名のない音楽会」再放送(千葉県少年少女オケ特集Vol.2)


イベント詳細



■放送概要(再放送)
“83歳の指導者と少年少女オーケストラの音楽会”
千葉県少年少女オーケストラとその指導者・佐治薫子を特集する企画の2週目となる今回の放送では、伊福部昭の純音楽作品が2作が取り上げられる。

■放送局
テレビ朝日系列ほか

■出演
佐治薫子
小倉優子
井上道義
千葉県少年少女オーケストラ

■取り上げられる伊福部昭作品

  • シンフォニア・タプカーラ(交響曲/1954年/1979年改訂)
    管絃楽法の大家であった伊福部昭の唯一の「交響曲」。全3楽章。
    「タプカーラ」とは、アイヌの伝統的な舞踊で、足を踏みしめるように踊る(タプカラ)。
    作曲家の生まれ育った北海道の大地やアイヌの人々へのノスタルジーが謳い揚げられた、雄大で力強い楽曲。
  • 管絃楽のための〝日本組曲〟(管絃楽曲/1991年)
    1933年に作曲した「ピアノ組曲」を管絃楽作品に編曲。
    『盆踊』『七夕』『演伶(ながし)』『佞武多(ねぶた)』の4曲からなる。
    元々重厚な響きを持っていた原曲に伊福部ならではの豊かなオーケストレーションが施され、作曲家の卓越した技術をたっぷりと味わえる楽曲となっている。

■曲目
演奏はすべて井上道義(指揮)、千葉県少年少女オーケストラ(管弦楽)。

  • 「シンフォニア・タプカーラ」第3楽章より
  • 「管絃楽のための日本組曲」より『盆踊』
  • 「管絃楽のための日本組曲」より『七夕』
  • 「管絃楽のための日本組曲」より『佞武多(ねぶた)』より

■詳細
番組公式Website

※注意
このページは、公開されている情報をもとに「伊福部ファン」編集が作成したものです。
イベント(公演・放送等)の各種情報は、オフィシャルサイトまたは公演告知等であらためてご確認ください。また、各イベントに関するお問い合わせは、各問い合わせ先へお願いいたします。
また、イベント等への参加・視聴等に関連して、今後不測の事態が発生しても、当会は責を負いません。あしからずご了承ください。

このイベントは   に投稿されました。オリエント@しょうたいむ.

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です