【2019/11/8】にっぽんの芸能「追悼 野坂操壽の人と芸」放送(NHK Eテレ)


イベント詳細



■放送概要

“特集:追悼 野坂操壽の人と芸”

8月27日に81歳で亡くなった文化功労者の箏曲家・野坂操壽。古典曲の継承に力を尽くすのみならず、50年以上現代邦楽の第一線で活躍し続けてきた。二十絃箏・二十五絃箏を開発し、百曲以上の新曲を委嘱初演。理想の音を求め、総局の可能性を大きく広げてきた。古典曲「残月」や映画音楽作曲家・伊福部昭作曲の「交響譚詩」などの演奏と山勢松韻や沢井一恵など関係者の証言を交え、野坂の魅力的な人柄と至芸をお送りする。(番組予告より)

■放送局

NHK Eテレ(教育テレビ)

■再放送

2019年11月11日(月)12:00〜12:59

■出演

石田ひかり
吉田真人(NHKアナウンサー)
久保田敏子
山勢松韻
沢井一恵
野坂恵璃(小宮瑞代)
野坂操壽*
*VTR出演

■取り上げられる伊福部昭作品

二十五絃箏甲乙奏合〝交響譚詩〟(邦楽曲/1943, Rev.2001)

■放送曲目

  • 古典曲「残月」
  • 二十五絃箏甲乙奏合〝交響譚詩〟

■詳細

番組公式Website
Yahoo!テレビ.Gガイド

※注意

このページは、公開されている情報をもとに「伊福部ファン」編集部が作成したものです。
イベント(公演・放送等)の各種情報は、オフィシャルサイトまたは公演告知等であらためてご確認ください。また、各イベントに関するお問い合わせは、各問い合わせ先へお願いいたします。
また、イベント等への参加・視聴等に関連して、今後不測の事態が発生しても、当編集部は責を負いません。あしからずご了承ください。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です