映画「ひろしま」放送(NHK Eテレ)


イベント詳細



■番組概要

原爆投下から7年後の広島。高校生のみち子は、授業中に原爆症で倒れ、8月6日の恐ろしい光景を思い出す…。原爆の恐怖と惨状を伝えようと、被爆から8年後に製作された反戦ドラマ。岡田英次、月丘夢路、山田五十鈴のほか、8万人を超える広島市民が撮影に参加、原爆投下直後の市内の惨状、市民たちが傷つき、苦しむ姿を、実際の映像も交え、迫真のリアリズムで再現し、ベルリン映画祭長編映画賞を受賞、海外でも高く評価された。
──NHK番組詳細ページより

伊福部昭が音楽を担当した反戦映画。監督は関川秀雄。関川は伊福部が映画で組んだ相手としては最多本数を数える映画監督。
音楽面では「銀嶺の果て」(1947年/東宝)、純音楽作品「ヴァイオリンと管絃楽のための協奏曲」(1948年)に通じ、「ゴジラ」(1954年/東宝)、「ビルマの竪琴 総集編」(1956年/日活)、そして純音楽作品「合唱頌詩〝オホーツクの海〟」(1958年)へと連なる、1950年代の重要作品です。

■放送局
NHK Eテレ

■放送日時注意
8月17日0時(8月16日24時)放送開始

■番組詳細
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92972/2972455/index.html

映画「ひろしま」(1953年/日教組プロ)

■製作
菊池武雄、伊藤武郎

■監督
関川秀雄

■原作
長田新「原爆の子~広島の少年少女のうったえ」

■脚本
八木保太郎

■撮影
中尾駿一郎、浦島進

■音楽
伊福部昭

■出演
岡田英次、月丘夢路、神田隆、山田五十鈴、加藤嘉、利根はる恵ほか

※注意
このページは、公開されている情報をもとに「伊福部ファン」編集部が作成したものです。
イベント(公演・放送等)の各種情報は、オフィシャルサイトまたは公演告知等であらためてご確認ください。また、各イベントに関するお問い合わせは、各問い合わせ先へお願いいたします。
また、イベント等への参加・視聴等に関連して、今後不測の事態が発生しても、当編集部は責を負いません。あしからずご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です