MacBook Air Mid 2012に1TBのSSDを3万円台で入れる。


直球なタイトルだけど、そんなことをやった。以下、人柱報告。

ネット閲覧とiPhone母艦用にMacBook Air Mid 2012(BTOてんこ盛り)を使い始めてそろそろ丸4年になる。低電圧版2コアとはいえCore i7の処理速度にまったく不満はないのだけど、512GBというSSDの容量だけがネックだった。Mac OS Xは仮想メモリがんがん使うしキャッシュもがんがん溜め込むので、空き容量が1GBを切って残り200MBだとか70MBなんていうことが頻発していた。ついにはスリープ復帰後にクラッシュ。リカバリシステムも立ち上がらない、インターネットリカバリでも修復できない、シングルユーザモードでfsckをかけたらDisk full errorで復旧できない、仕方なく初期化してTime Machineバックアップから復元する、ということが2度ほどあった。

それで、正月にこんなこと呟いた。

MacBook Air向けのSSDはトランセンドからもリリースされているのだが、960GBで69,800円と値段が高い。OWCブランドのものは少し値段が安く400ドル台+送料で買える。個人輸入となるがサポートも良いしOWCはオススメだ(過去にSSDを購入して破損時に交換してもらったことがあるが対応が丁寧で早かった)。
でも今は円安だし、もう少し安価なものが欲しかった。AppleはMacBook Airシリーズに独自仕様のコネクタを採用していて、専用品はどうしても高くなってしまう。M.2 SATAのSSDなら、アダプタを噛ませば使えるだろうし、汎用性もあってこれらより安いものが出るだろう、と踏んでいた。

んで、呟いた時は知らなかったのだけど、その数日前にSanDiskからこんなSSDが発表されていたのだった。

サンディスク、CES 2016にて容量1TBのM.2 SSD「SanDisk X400 SSD」を発表
サンディスクは、世界最薄をうたった片面実装タイプの1TB M.2 SSD「SanDisk X400 SSD」を発表した。

SanDisk X400。片面実装で薄くて理想的なんだけどTLCかあ、と思ったものの、スペックシート見ると総書き込み容量320TBWだというし、ビジネス向けだし、5年保証ついてるし、コントローラ非公開だけどまあ試してみて良さそう。
値段が高いと困るなあと思ったのだけど、秋葉原で出回り始めた2月26日、価格をチェックしてみたら実売36,000円前後。早速arkにて購入、お値段35,980円。機種名はSD8SN8U-1T00-1122。ちょっと前まで1TBで10万円台とかだったのだから、SSDもずいぶん安くなったもんだ。
SD8SN8U-1T00-1122 パッケージ。 SD8SN8U-1T00-1122

事前に購入していたアダプタは、Amazonポイントで購入したもの

ところが、これで取り付けてみるとSSDまるごとバッテリの高さよりも浮き出てしまう形になる(まあアダプタが届いた時点でうすうす嫌な予感はしていたけど)。当然、アルミ製の裏面パネルと接触する。これはいろいろまずい。
アダプタ取り付け。 アダプタ取り付け。

というわけで再びAmazonで別のアダプタを3月1日に発注。2,999円。

Amazon | Sourcingbay M.2(NGFF) → 18+8ピン SSD アダプター ピン溶接式 2012 MACBOOK Air MD224 MD223 MD231 MD232対応 | Sourcingbay(ソーシングベー) | ネットワークカード 通販
Sourcingbay M.2(NGFF) → 18+8ピン SSD アダプター ピン溶接式 2012 MACBOOK Air MD224 MD223 MD231 MD232対応がネットワークカードストアでいつでもお買い得。当日お急...

これが届いたのが3月10日。随分時間がかかった。

2つの基盤をピンヘッダでつないだ形。差し込んだM.2 SSDを直接マザボのネジ穴に固定する。コネクタ側とスロット側で段差をつけているのはSSD取り付け時の高さを抑えて裏面パネルとの接触を避けるためだろう。
小型のアダプタ。 小型のアダプタ。

早速取り付けてみるが…寸法が合わない(僅かに長い)。アダプタのスロット側の基板がマザボ上のコンデンサと接触する。
コンデンサと基板が接触。

うーん。なんでこんな微妙な商品ばかりなのか(※需要がないからです)。

裏面パネルはしっかりはまる。パネルとの間に隙間があるかどうかはわからないが、ワッシャーを挟んでみてもパネルがはまるのでまあ良しとしよう(気になるなら絶縁スポンジでも挟んでおくといいかも)。

とりあえず、買ったままの状態でSSDが認識できることを確認した後、アダプタのコネクタをヤスリで削って少し短くする。ピンを外して少し詰めたいところだけど、ハンダ吸取線が手元にないもので。基板のコンデンサと接触している箇所もほんの少しだけナイフでえぐってヤスリを掛ける。
取り付け時にマザボに固定するためのネジは、純正品だと頭が大きすぎてSD8SN8U-1T00-1122のチップをゴリゴリ削るので、適当なネジを探したほうが良い。
取り付けてみると、アダプタのスロット側の基板が水平に、コネクタ側とSSDはゆるやかに傾斜して、ハの字を描くような感じになる。微妙だ。まあこれで壊れるまで使ってみようと思う。
取り付け。 ゆるやかなハの字を描く。

インターネットリカバリモードで立ち上げて、ディスクユーティリティで初期化。きちんと認識された。
初期化。

OS X El Capitanクリーンインストール後のベンチマーク。まあこんなものか、という感じ。
4年使ったサムスン製SSDより読み込みが体感早いけど、下ろしたてだからね。徐々に遅くなっていくだろう。
ベンチマーク。

もうちょっとまともなアダプタが秋葉館あたりで販売されないかしら。
まあそれ以前にAppleがM.2を採用してくれればいいんだけどね。なんで毎回コネクタをころころ変えるのか。

早速「写真」アプリの環境設定で「オリジナルをこのMacにダウンロード」にチェックを入れた。
空き容量が500GBを切って不安になる。

手元のCDも全部ロスレスで取り込みなおそう。たぶんそれでさらに200GBくらい使っちゃうね。

はやく2TBのSSD出ないかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。